付加価値のある塗料

手すり

セルフクリーニング

大きく分けて4つの種類に分類できる塗料ではありますが、外壁塗装リフォームに使用する塗料には、こうした基礎的な塗料の種類にプラスして、付加効果のある塗料もたくさん存在しています。
近年は、こうした付加効果のある塗料は大変人気となっており、多くのニーズを集めているのです。
そんな付加効果のある塗料の一つに、「セルフクリーニング効果」のある塗料があげられます。セルフクリーニング効果とは、自分自身で自分自身をキレイにすることを指します。雨水や日光の力を有効的に利用して、自分自身を掃除するのです。
これは、外壁塗装リフォームの回数を減らすこともでき、結果的には経済的な塗料となっています。

省エネ高価

外壁塗装リフォームに使用する塗料のうち、付加効果のある塗料として「省エネ効果」のある塗料があげられます。
近年、「地球温暖化」や「環境問題」が重要視されていることから、省エネ家電や省エネ住宅が人気を集めています。省エネ効果のある塗料とは、遮熱効果のある塗料のことを指し、それを塗るだけで、室内を温かく、またはひんやりと保つことができる塗料のことを指します。このように遮熱効果があれば、エアコンや冷房などの冷暖房設備の使用も減らすことができ、結果的に光熱費の削減にも繋がります。

装飾効果

外壁塗装リフォームに使用する塗料のうち、付加効果のある塗料の一つとして「装飾効果」のある塗料があげられます。
吹付けやデザインローラー、刷毛やコテを用いて多彩なデザインが可能となる塗料も人気を集める一つとなっています。