主な塗料の種類

窓

アクリル性

外壁塗装に使用される塗料には、さまざまな種類を見ることができます。年々新しい塗料が開発されることもあり、どんなに熟練した職人さんでも把握しきれないほど、数多くの塗料が存在しているのです。
しかし、そんな塗料を大きく分類すると、主に4つの種類に分けることができます。
その一つの種類として、「アクリル性」の塗料があげられます。アクリル性とは、4種類のうちもっとも低価格となっており、その耐用年数は5年から8年となっています。

ウレタン性

外壁塗装リフォームに使用される塗料のうち、大きく分類される中の一つの種類として「ウレタン性」の塗料があげられます。
ウレタン性の塗料とは、アクリル性の塗料の次に低価格な塗料となっており、その耐用年数は8年から10年となっています。アクリル性に比べると、少し長めな耐用年数となっていることが分かります。

シリコン性

外壁塗装リフォームに使用される塗料の一つに、「シリコン性」の塗料があげられます。
シリコン性の塗料とは、ウレタン性の塗料よりも少し高価な塗料となっており、その分、その耐用年数も12年から15年と長めとなっています。

フッ素性

大きく分けて4つの種類に分類される外壁塗装リフォームに使用する塗料の一つに、「フッ素性」の塗料があげられます。
フッ素性の塗料とは、大きく分類して4つの種類に分けられる塗料の中でももっとも高価な塗料となっており、その耐用年数も、15年から20年ともっとも長めとなっています。